Twitter運用 ノウハウ

【Twitterエロ垢運用】引用じゃない新規動画を投稿するメリット・デメリット

こんにちは「抜き特化」です。

このサイトではTwitterで最大規模のエロ垢を運用する私が、これまで得た知見を元に運用に関するノウハウを提供しています。

「エロ垢運用って何なの?稼げるの?」という方は初心者向けのマニュアルにまとめていますので覗いてみて下さい。

さて、今回はエロ垢の運用で1番重要になるネタの更新(アダルト動画のツイート)について触れていきます。

更新方法に関しては、大きく分けて「引用ツイート」「新規動画ツイート」の2種類に分類されます。

そもそも引用動画・新規動画とは

引用動画?新規動画?と疑問符が点灯する方向けに簡単におさらいしましょう。

引用と新規の違い

引用動画:
Twitterに投稿された動画を引用する形で自分のツイートとして投稿する方法

新規動画:
自らが準備した動画をTwitterに投稿する方法

このようにどちらもツイートを行うという点においては同じです。

引用動画としてツイートする方が、自分で元となる動画を準備する必要がない訳ですから圧倒的に楽です。

引用ツイートの方法は下記のページでも解説しています。

なら全部引用動画でツイートしたほうがいいじゃん!

と、思いますよね。

でも実は新規動画をツイートするメリットが存在します。

詳しく説明する前に、まずは新規動画・引用動画の見分け方について解説します。

メリットの理解にも繋がるのでしっかり理解しましょう。

新規動画ツイートの見分け方

見分け方は特別難しくありません。

動画ツイートに作成者(動画投稿者のアカウント名)が記載されているかどうかで見分けられます。

見分け方

引用ツイート →元の投稿者アカウント名が記載されている

新規動画ツイート →元の投稿者アカウント名が記載されていない

このように簡単に見分けることができます。

新規動画を投稿するメリット

見分け方を理解できたところで新規動画を投稿するメリットについて解説します。

他人のツイートで自分のアカウント名を知ってもらえる

見分け方でも解説した通り、引用動画には作成者のアカウント名が記載されます。

つまり、自分が投稿した動画ツイートをAさんが引用ツイートした場合、Aさんのツイートには自分のアカウント名が記されてツイートが行われます。

これがAさん、Bさん、Cさん…と100人に引用されるとどうなるでしょうか。

自分は1つのツイートしかしていないのに、100アカウントのタイムラインに自分のアカウント名が記載されたツイートがなされます。

これだけでアカウントが大きく成長するとは言いませんが、エロ垢育成に大きく貢献するメリットです。

1つ例を挙げましょう。

ドラッグストアで洗剤を買う際にAとBの商品で迷った経験があるでしょう。

仮に価格が同じ場合、商品を選ぶ基準は何になるでしょうか。

それは「知名度」の差です。

ほとんど無意識な場合が多いと思いますが、「あ、これ知ってる」と言う理由で商品を選択します。

知っている=安心」と言う心理が働くためです。

これは大袈裟な例でしたが、Twitterのフォロワーを増やすにも知ってもらわなければ始まりません

そのためにも多くの目に触れる(宣伝される)ことはフォロワーを伸ばす重要な要因です。

自分のプロフィールへのアクセスが増える

実際に、新規動画が引用されることで自分のアカウントへのアクセスが増えます。

自分のアカウント名が記載されるから、検索してもらいやすいから?

それもありますが少し違います。

引用動画の作成者アカウント名の表記はリンクになっています。

タップすることで作成者のプロフィールに飛ぶことができるのです。

1つ目のメリットと重複しますが、100人が自分の動画を引用してくれた場合自分のアカウント名が記載されたツイートが100件投稿されます。

1ツイートあたり1000人が閲覧したとしましょう。

この時点で「100件×1000ツイート=100,000回自分のアカウント名が表示されたことになります

これだけの閲覧があれば、この仕組みを知っている100人くらいはリンクをタップして自分のプロフィールへ飛んでくれるのではないでしょうか?

そのうち10人くらいはフォローしてくれる可能性が十分ありますよね。

しかも、この間に自分がツイートした件数はたったの1件です。

1件のツイートで多くの人に「知ってもらえる」と言うことです。

これが新規動画を投稿するメリットになります。

某大手アカウントはこの手法で伸ばしています。

結果的に楽して売名できる。と言うことですね。

新規動画を投稿するデメリット

じゃあ新規動画だけツイートしたほうがいいじゃん!

こう思われるかもしれませんが、デメリットも存在します。

単純にツイートまでの手間が多い

引用ツイートと新規動画ツイートで手順の違いを追ってみましょう。

【引用ツイートの場合】


  • step.1

    引用したいツイートを探す


  • step.2

    コメントを加え引用ツイートする


 

【新規動画ツイートの場合】


  • step.1

    元となる動画を探す(外部サイト)


  • step.2

    動画を保存する


  • step.3

    動画をアップロードする

  • step.4

    コメントを加えてツイートする


引用ツイートの場合は2工程で済むのに対して、新規動画ツイートの場合は4工程かかっています。

また、元となる良質な動画を探すのにも時間がかかりますし、動画容量や使用する回線速度によって保存・アップロードする際にも時間がかかります。

時間にすると引用ツイート1件を作成するのに1分〜3分程度なのに対し、

新規動画を1件作成するのに約10分程度はかかるかなと思います。

1時間作業した場合、引用ツイートだと50件のツイートを作成できるのに対し、

新規動画ツイートだと6件しか作成できない計算です。

慣れと効率化で差を縮めることは可能ですが、結局は引用のほうが圧倒的に早いです。

動画のアップロード自体がグレーである

動画の入手方法こそ様々ですが、アダルト動画の共有サイト(Pornhubなど)から入手するのが手っ取り早いでしょう。

ですが、他のところにアップされているからといって自分がTwitterにアップして良い訳ではありません。
(厳密に言うとアウトです。)

「グレー」と表現しているのは「見逃されている」ためです。

参考までに、私のアカウントからは毎月数千本単位のアダルト動画が購入されています。

私のツイートをみて、本来見込み客ではなかった人が作品の購入に至ります。

捉え方を変えればメーカーの売り上げに貢献しているという事になります。

YouTubeのゲーム実況を例にしてみましょう。

本来はお金を払って購入した人しか味わえない、ゲームのプレイ映像や雰囲気を無料で視聴可能にしています。

それを観て「面白そう」「自分もやりたい」と購入する人が現れます。

これも同じようにメーカーの売り上げに貢献しているといえます。

このようにメーカー側にもメリットが無いとは言えません。

あとはメーカーがどう考えるかです。
メーカー側の判断によっては「悪」になりえる為、派手な動きはしない方が無難です。

目をつけられないよう、下記のような対策を施す必要があります。

・作品を1本丸々アップしない
・ツイートを見て購入できるようリンクを貼る

上記の考えを元に「グレー」と記載しております。

これらのデメリットを許容できるのか、できないのかによって個人のスタイルが確立すると思います。

言わずもがな許容する場合も完全に自己責任になります。
私の記事だけを鵜呑みにせず、自分で調査し、理解して判断しましょう。

もっと効率良くエロ垢育成するには

ここまで記載したようにエロ垢育成にはちょっとしたテクニックが存在します。

知っていると知らないとでは数ヶ月後に大きな差となって現れるでしょう。

当サイトでは他のライバル達をごぼう抜きする裏技的な情報やサービスを提供しております。

「爆発的にアカウントを育成したい。しかも楽して」

そんな方にご満足いただけると思います。

お助けアイテム

まとめ

さて、ここまでご覧いただきありがとうございました。

長々と書いてしまいましたがまとめると以下です。

まとめ

  • ツイートに作成者アカウント名が記載されていなければ、新規動画ツイートである
  • 引用ツイートは「楽で簡単」
  • 新規動画ツイートは「手間がかかる」
  • 新規動画ツイートは他人のツイートで集客が可能
  • 新規動画ツイートはメーカー側の判断によってはアウトとなる可能性がある

この記事が少しでもエロ垢運用の手助けになれば嬉しいです。

  • この記事を書いた人

エロス塾長

エロい事が好きな中の人です。 出会い系サイト、アダルト物販、アフィリエイトと様々な「エロ」ジャンルを経験してきました。 現在はTwitter×ブログで主な収益を上げています。 総フォロワー20万人超えの「抜き特化」を運用しております。 仕組み化・自動化・効率化が得意です。 アダルトネットビジネスに関する有益な情報を提供します。

-Twitter運用, ノウハウ